FreeBSD Daily Topics

2011年12月14日 VirtIOの提供する機能 - virtio(4),virtio_pci(4),virtio_blk(4),virtio_balloon(4),if_vtnet(4)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

virtio(4), virtio_pci(4), virtio_blk(4), virtio_balloon(4) and if_vtnet(4)

FreeBSD 10-CURRENTに導入されたVirtIO関連のカーネルモジュールはvirtio(4),virtio_pci(4),virtio_blk(4),virtio_balloon(4),if_vtnet(4)となります。それぞれ次の機能を提供します。

  • virtio(4) - virtqueueと呼ばれる共有メモリトランスポートを提供
  • virtio_pci(4) - PCIデバイスをエミュレーション。プローブ,コンフィグ,割り込み通知など必要な処理を担当
  • virtio_blk(4) - VirtIOブロックデバイスドライバ。ディスクコントローラをエミュレーション
  • virtio_balloon(4) - VirtIOメモリバルーンドライバ。ゲストからホスト(仮想マシンからハイパーバイザ)へメモリを戻すための擬似デバイス
  • if_vtnet(4) - VirtIO Ethernetデバイスドライバ。Ethernetデバイスをエミュレーション

それぞれ必要になるカーネルモジュールを読み込むことで機能を提供します。たとえばif_vtnet(4)を使った準仮想化ネットワークの機能を利用したい場合には,if_vtnet(4)以外にもvirtio(4)とvirtio_pci(4)を読み込みます。

VirtIOの機能を利用するには,ホスト(ハイパーバイザ側)にも対応が必要になる点に注意してください。たとえばVirtIOブロックデバイスに対応していない仮想環境では,ゲストOS側でVirtIOブロックデバイスの機能を有効にしても,その機能を利用することはできません。

コメント

コメントの記入