FreeBSD Daily Topics

2012年5月30日 CentOS 6.2に対応したlinux_base-c6登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ports

linux_base-c6 for CentOS 6.2

CentOS 6.2に対応したlinux_baseがemulators/linux_base-c6としてPorts Collectionに追加されました。CentOS 6.2の最小インストールに相当する環境のインストールを提供します。デフォルトのLinux環境はFedora 10相当のemulators/linux_base-f10のままです。

まだ実験段階にあるためlinux_base-c6がデフォルトで採用されるわけではありませんが,将来的にはCentOS系のlinux_baseがデフォルトに採用される可能性があります。CentOSは予定されているサポート期間がとても長く,メンテナンスしやすいという特徴があります。

FreeBSDはLinuxバイナリをネイティブに実行する機能「Linuxバイナリ互換機能」を提供しています。エミュレートするわけではなく,Linuxカーネル向けのシステムコールをFreeBSDカーネル向けのシステムコールに差し替えて実行するといった機能で,処理速度が高速という特徴があります。

コメント

コメントの記入