FreeBSD Daily Topics

2012年8月8日 次世代パッケージ管理システムpkgの使い方:従来のパッケージからの移行方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

pkgng

How to migrate from the old to the new

従来のパッケージ管理システムからpkg(8)へ移行するには,次のようにpkg2ngコマンドを使用します。一度もpkg(8)コマンドを実行したことがない場合には,まず次のようにpkg(8)を実行してプログラムをインストールしてからpkg2ngを実行します。

# pkg
The package management tool is not yet installed on your system.
Do you want to fetch and install it now? [y/N]: y
Bootstrapping pkg please wait
Installing pkg-1.0.b17... done
If you are upgrading from the old package format, first run:

  $ pkg2ng
usage: pkg [-v] [-d] [-j |-c ]  []

Global options supported:
	-d             Increment debug level
	-j             Execute pkg(1) inside a jail(8)
	-c             Execute pkg(1) inside a chroot(8)
	-v             Display pkg(1) version

Commands supported:
	add            Registers a package and installs it on the system
	audit          Reports vulnerable packages
	autoremove     Removes orphan packages
	backup         Backup and restore the local package database
	check          Check for missing dependencies and database consistency
	clean          Cleans old packages from the cache
	create         Creates software package distributions
	delete         Deletes packages from the database and the system
	fetch          Fetches packages from a remote repository
	help           Displays help information
	info           Displays information for installed packages
	install        Installs packages from remote package repositories
	query          Query information for installed packages
	search         Performs a search in remote package repositories
	set            Modify local database informations
	register       Registers a package into the local package database
	remove         Deletes packages from the database and the system
	repo           Creates a package database repository
	rquery         Query information from the remote repository
	shell          Open a debug shell
	shlib          Displays which package links against a specific shared library
	stats          Display package database statistics
	update         Updates remote package repository databases
	updating       Displays UPDATING information for a package
	upgrade        Performs upgrades of package software distributions
	version        Summarize installed versions of packages
	which          Displays which package installed a specific file

For more information on the different commands see 'pkg help '.
# pkg2ng
Installing perl-5.14.2_2... done
Installing topless-1.52... done
#

/var/db/pkg/の下は,Ports Collectionやpkg_*系コマンドでインストールした段階では次のようになっています。従来のメタデータ保持形式でデータが保持されています。

# pwd
/var/db/pkg
# ls -al
total 16
drwxr-xr-x  4 root  wheel  512 Aug  4 04:40 .
drwxr-xr-x  8 root  wheel  512 Aug  4 12:02 ..
drwxr-xr-x  2 root  wheel  512 Aug  4 04:39 perl-5.14.2_2
drwxr-xr-x  2 root  wheel  512 Aug  4 04:40 topless-1.52
#

pkg2ngを実行したあとは次のようにpkg(8)用のSQLiteデータベースが作成されます。

# pwd
/var/db/pkg
# ls -al
total 848
drwxr-xr-x  4 root  wheel     512 Aug  4 04:45 .
drwxr-xr-x  8 root  wheel     512 Aug  4 12:02 ..
-rw-r--r--  1 root  wheel  807936 Aug  4 04:45 local.sqlite
drwxr-xr-x  2 root  wheel     512 Aug  4 04:39 perl-5.14.2_2
drwxr-xr-x  2 root  wheel     512 Aug  4 04:40 topless-1.52
#

pkg2ngを実行して移行したあとはpkg infoなどのコマンドで移行したソフトウェアを確認できるようになります。

# pkg info
perl-5.14.2_2                  Practical Extraction and Report Language
pkg-1.0.b17                    New generation package manager
topless-1.52                   Display command output on the whole screen like "top"
#

移行したあとにはインストールされているパッケージの情報を確認できるようになります。一旦pkg updateを実行してリモートリポジトリを取得した後,pkg statコマンドを実行します。

# pkg update
Updating remote repository
repo.txz                            100% 9695KB 334.3KB/s 445.1KB/s   00:29    
# pkg stat
Local package database:
	Installed packages: 3
	Disk space occupied: 52 MB

Remote package database(s):
	Number of repositories: 1
	Packages available: 19543
	Unique packages: 19543
	Total size of packages: 64 GB
#

サブコマンドの名称などは,最後発のパッケージ管理システムだけあってわかりやすい名称に統一されています。

pkg(8)で提供されるパッケージは基本的に週に1回のペースで最新のPorts Collectionに追従していくことになっています。今後は,コンパイル時にオプションを指定する必要があったり,カスタマイズする必要があるものに関してはPorts Collectionを使い,それ以外はpkg(8)を利用するといった使い方が主流になっていくのではないかとみられます。ライトユーザはほぼすべてpkg(8)を使うことになるとみられます。

pkg(8)が特に興味深いのは,これが完全にPorts Collectionをベースとした新しいパッケージ管理システムであるということです。ソースコードからビルドするためさまざまなカスタマイズができ,常に最新版でありつづけるというPorts Collectionの利点を生かしながら,バイナリベースのパッケージ管理システムを実現しています。このレベルで双方の要望を実現しているアプリケーション管理システムはほかには少なく,FreeBSD 10以降を特徴付ける機能になるものと見られます。

コメント

コメントの記入