FreeBSD Daily Topics

2012年8月24日 Raspberry PiでFreeBSDを動作させる方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

embedded

How to set up the Raspberry Pi FreeBSD

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)で動作するFreeBSDをセットアップする方法がFreeBSD/Pi setup HowToにおいて公開されました。SDカードにRaspberry Piに対応したFreeBSDシステムを構築して,そのSDからシステムを起動する形になります。

Raspberry PiはARMプロセッサを採用した小型のPCです。廉価で購入できます。もともとi386アーキテクチャでの動作を基本としてきたFreeBSDですが,ここ数年はARM,MIPS,PowerPCプロセッサへの対応を進めており,さまざまな組込みデバイスでFreeBSDが動作するようになっています。

とくにFreeBSDにFDT(Flattened Device Tree)の機能が実装されてから,こうした組込み機器への対応が簡単になり,対応が一気に進んだ感があります。組込みデバイスでもマルチコアの流れが進んでいるため,マルチコアに対して性能がスケールしやすいFreeBSDは組込み機器のOSとして注目されはじめています。

コメント

コメントの記入