FreeBSD Daily Topics

2012年10月12日 FreeBSD 9.1-RC2リリース,最終リリースは10月末目処

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

release

FreeBSD 9.1-RC2 Available

FreeBSD 9.1-RELEASEへ向けた2つ目の準備リリースとなるFreeBSD 9.1-RC2が公開されました。amd64,i386,ia64,powerpc,powerpc64アーキテクチャ向けのISOイメージがFTPサーバ経由で公開されています。1週間後にRC3をビルドし,さらにその1週間後にRELEASEへ向けたビルドを開始すると説明されていますリリーススケジュール)⁠

現在FreeBSDのソースコードはSubversionで管理されていますが,従来からの互換性を考慮してCVSへのエクスポートも実施されています。しかし,このサービスには労力がかかるうえ問題もあり,9.1-RELEASEからはCVSへのエクスポートは積極的に実施しない旨が示されていました。しかし,この方針に対する反響が大きかったため,当初の決定を変更し,9.1以降ではなく10.0-RELEASE以降に対してCVSへのエクスポートを積極的には実施しないという方針に変更されました。

amd64/i386に対してはFreeBSD Updateで9.0-RELEASE,9.1-BETA1,9.1-RC1からアップグレードする方法も説明があります。まず,次の手順でカーネルをアップデートしたのち,一旦システムを再起動します。

freebsd-update upgrade -r 9.1-RC2
freebsd-update install
shutdown -r now

システムが起動してきたら次の手順でユーザランドをアップデートして,再びシステムを再起動します。

freebsd-update install
shutdown -r now

FreeBSD 7系や8系からアップデートすることもできますが,その場合にはユーザランドをアップデートするfreebsd-update installの実行後に,Ports ColllectionやPackagesからインストールしたサードパーティ製アプリケーションをすべて再構築する必要があります(7系や8系からのアップデートを実施する場合,どちらかといえば一旦すべて削除してから再インストールした方が手間が少ないように思います)⁠

今後提供されることになる9系や8系に関してCVSへの積極的なエクスポートを実施するかどうかは,現段階では検討事項とされています。なお,現状でCVSを使う場合,RELENG_9_1で9.1-RC2が取得できます。Subversionならreleng/9.1を指定します。

コメント

コメントの記入