FreeBSD Daily Topics

2012年12月25日 PC-BSD 9.1 Isotope Edition,FreeBSD 9.1より一足先にリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

release

iXsystems Announces Release of PC-BSD 9.1 Isotope Edition

iXsystemsからPC-BSDの最新版となるPC-BSD 9.1 Isotope Editionが公開されました。PC-BSDのサイトからダウンロードできます。32ビット版と64ビット版の双方に対してDVDイメージ,USBメモリイメージ,LiveUSBイメージ,VirtualBoxディスクイメージ,VMwareディスクイメージが提供されています。

PC-BSDはFreeBSDベースのディストリビューションです。もともとデスクトップ/ワークステーション用途向けに開発されてきたものですが,現在ではサーバシステムを構築するためのディストリビューションとしての役割も負っています。まだFreeBSD 9.1-RELEASEは公開されていませんが,9.1-RC3と9.1-RELEASEはシステムのソースコードにはほとんぼ変更が入らないことになっているので,現状でほぼ9.1-RELEASEに準拠したプロダクトになっているといえます。

PC-BSD 9.1の注目ポイントは次のとおりです。

Jail管理ツールWardenのオーバーホール

UIの改善,複数のPorts Jailsのサポート,メタパッケージのサポート,Linux Jailのサポート,ZFSスナップショット管理機能の導入などが実現されています。Jail仮想化機能とパッケージ管理機能が統合されたことで,従来よりもJail環境の管理性が向上しているほか,LinuxディストリビューションをJails内に構築する機能が強化されており,Linux仮想化の新しいアプローチとして注目されます。

ZFS関連機能の強化

インストール時に選択できるZFSの構成が増えたほか,バックアップ/リストア関連機能の強化,Jails環境との連携など,ZFSを使うためのツールの充実化が進められています。

刷新されたインストーラ

従来よりもインストール手順が簡単になったほか,インストールの種類として新しくサーバディストリビューションとして「TrueOS」が選択できるようになりました。FreeBSDベースのサーバディスクで,コマンドラインベースのPC-BSD管理ツールが提供されるバージョンになっています。PC-BSDの提供するパッケージ管理機能やJail管理機能を使いつつ,Xなどのウィンドウ環境は避けたいという用途に適しています。

図1 PC-BSD 9.1インストーラ

図1 PC-BSD 9.1インストーラ

図2 インストール形式として,素のFreeBSDインストールの横に「TrueOS」というサーバ向けディストリビューションの選択項目が追加されている

図2 インストール形式として,素のFreeBSDインストールの横に「TrueOS」というサーバ向けディストリビューションの選択項目が追加されている

図3 LXDEを選択したのインストール中画面

図3 LXDEを選択したのインストール中画面

図4 最初の起動時にはムービーが流れるようになっている

図4 最初の起動時にはムービーが流れるようになっている

図5 LXDEのデスクトップ画面。フルスペックが欲しいならKDEを選択すればよい。軽量を求めるならLXDEのほうが便利

図5 LXDEのデスクトップ画面。フルスペックが欲しいならKDEを選択すればよい。軽量を求めるならLXDEのほうが便利

図6 ディスクはフルZFSで構築される

図6 ディスクはフルZFSで構築される

図7 オーバーホールが実施されたJail管理アプリケーションWarden

図7 オーバーホールが実施されたJail管理アプリケーションWarden

コメント

コメントの記入