FreeBSD Daily Topics

2013年2月4日 BSDライセンスpatch(1)登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

src

BSD licensed pathc(1)

FreeBSD 10-CURRENTにBSDライセンス版のpatch(1)が追加されました。FreeBSDはこれまでGNU patch(1)のかなり初期のバージョンであるGNU patch versio 2.1を採用してきました。このバージョンのGNU patch(1)にFreeBSD向けのいくつかの機能を追加したものが使われています。

% patch -v
Patch version 2.1
%

今回10-CURRENTにマージされたpatchはbsdpatch(1)としてインストールされます。-lと-Sのオプションを除いてすべてGNU patch(1)と互換性があり,FreeBSD 10.0-CURRENTではこれがデフォルトになる予定です。

% bsdpatch -v
patch (BSD patch) 2.0-FreeBSD
%

システムをビルドする段階でWITH_BSD_PATCHを指定しておくと,BSD patchがデフォルトのpatch(1)としてインストールされるようになります。その場合,GNU patchはgnupatch(1)としてインストールされます。

こうしたBSD patch(1)に関する変遷がメーリングリストにおいて簡単に紹介されました。

  1. FreeBSDはGNU patch(1) version 2.1を採用し,いくつかの機能を追加したものをデフォルトとして扱ってきた。このバージョンは構成ファイルのうち2つだけがGPLのもとで提供されている
  2. OpenBSDプロジェクトで,GNU patch 2.0をベースに,GPLファイルをパブリックドメインのコードや制限のないライセンスのコードに置き換えたバージョンが開発される
  3. DragonFly BSDへOpenBSD patch(1)が移植され,機能拡張などが実施される
  4. NetBSDへDragonFly BSD patch(1)が移植される
  5. FreeBSDへDragonFly BSD patch(1)が移植される。GNU patch(1)に適用したのと同様の機能拡張を実施し,10-CURRENTへマージを実施

BSD patch(1)をデフォルトのpatch(1)にしたいと説明があり,多くの開発者へ試験の実施と問題の指摘,パッチの提供などが呼びかけられています。

FreeBSDプロジェクトはベースのユーザランドにインストールされるツールやコマンドのうち,GPLのもとで提供されているものをBSDライセンス版のコマンドやツールへ置き換える取り組みを進めています。10.0-RELEASEはそうした取り組みの最初のマイルストーン的なリリースになるとみられており,完全に実現されるかどうかはまだわかりませんが,従来よりもBSDライセンスベースのコマンドがツールが多いリリースになるものとみられます。

コメント

コメントの記入