FreeBSD Daily Topics

2013年2月26日 Arch BSD,ISOイメージを公開 - インストール方法紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

products

Arch BSD ISO Now Available for Testers

FreeBSDのカーネルとユーザランドをそのまま使って,Arch Linux風のプラットフォームを実現するArch BSDのISOイメージが公開されました。テスト目的で配布されているもので,amd64版(x86_64)のみが提供されています。インストーラはまだ用意されておらず,利用する場合には手動でインストールする必要があります。

ZFSを使う場合とUFSを使う場合とでインストール方法の説明がありますので,試用する場合にはこれを参考にして作業します。pacstrapコマンドでベースシステムをセットアップするなど,Arch Linux的なアプローチが経験できますので,興味がある方は一度この方法で作業してみるとよいでしょう。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

掲載されているインストール方法を,UFSを使う場合で簡単にまとめると次のようになります。これは20GBの仮想ディスクを想定してインストール作業を実施した場合の方法です。

# gpart create -s gpt da0
# gpart add -s 64k -t freebsd-boot da0
# gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptboot -i 1 da0
# gpart add -s 1g -t freebsd-swap da0
# gpart add -t freebsd-ufs da0
# newfs -U /dev/da0p3
# mount /dev/da0p3 /mnt
# pacstrap /mnt base
# cat</mnt/etc/fstab
/dev/da0p2 none swap sw 0 0
/dev/da0p3 / ufs rw 1 1
EOF
# chroot /mnt
# tzsetup Asia/Tokyo
# shutdown -r now

gpart(8)でパーティショニングを実施し,newfs(8)でフォーマット,mount(8)したあとで「pacstrap」コマンドを実行しているところがポイントです。これでArch BSDの基本コンポーネントがひと通りインストールされます。

Arch Linuxの操作感やポリシー,雰囲気に慣れており,かつ,JailやZFSを使いたいという場合には,Arch BSDは面白いディストリビューションです。開発はまだまだこれからといった段階ですが,軽量ですぐに使えるFreeBSDプラットフォームが必要だという場合,Arch BSDはそれなりに注目しておきたいディストリビューションです。FreeBSDを使っているにもかかわらず,このLinux風コンソールというのも新鮮な感じがします。

AsiaBSDCon 2013の早期参加申込による割引ですが,ご要望にお応えして今週の木曜まで引き延ばすことになりました。この機会をお見逃しなきよう :)

コメント

コメントの記入