FreeBSD Daily Topics

2013年3月4日 PC-BSD 9.1,はじめてのローリングリリースISO登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

product

First Rolling Release ISOs Available

PC-BSDプロジェクトは2013年2月に入ってから,これまで採用してきたFreeBSDのリリースに合わせたディストリビューション体制を,FreeBSD STABLE/CURRENTブランチおよびpkg(8)/freebsd-updates(8)をベースとしたローリングリリースモデルへ変更すると発表しました。

ローリングリリースを採用したディストリビューションはほかにもありますが,PC-BSDがこれまで開発してきた独立性の高いパッケージ管理システムPBIよりも,FreeBSDのベースに取り込まれたpkg(8) (開発コード名: pkgng)をベースに,ローリングリリースモデルへ移行するという発表は注目に値するものでした。

そして発表からひと月が経ち,最初のローリングリリース版PC-BSDが公開されました。FreeBSD 9.1-RELEASEをベースに,ベースシステムとサードパーティアプリケーションのインストールにpkg(8)が使われたバージョンです。

一見するとPC-BSD 9.1と違いはありませんが,

画像

インストール時にすでにpkg(8)が使われている様子が見れます。

画像

ログイン後の外見も同じです。

画像

しかし,すでにpkg(8)が有効になっており,pkg(8)経由でベースシステムとサードパーティ製アプリケーションがインストールされたことが確認できます。

画像

画像

現段階ですでにパッケージのアップグレードが提供されていて,通常のpkg(8)の手順でサードパーティ製アプリケーションやベースシステムのアップグレードを実施できます。

画像

画像

画像

PC-BSDプロジェクトは,既存のPC-BSDのパッケージ管理システムからpkg(8)ベースのパッケージ管理システムへ移行するツールを提供するとしており,今後ローリングリリースでのアップデート提供への切り替えに積極的な姿勢を見せています。

以前からローリングリリースモデルを採用したディストリビューションは存在していましたが,最近Ubuntuがローリングリリースへの舵取りを始めたこと,PC-BSDが明確にローリングリリースへの移行作業をはじめたことで,Unix系OSのディストリビューション全体の趨勢が大きく変わる可能性があります。Fedoraは依然として従来の方式でのリリースを採用していますが,今後の議論次第ではローリングリリース化ということも考えられます。

コメント

コメントの記入