FreeBSD Daily Topics

2013年3月12日 non-rootシステムインストール

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

Unprivileged install and image creation

FreeBSDではシステムのインストールおよびインストールイメージの制作において,rootユーザで作業する必要があるとともに,ユーザとグループがホストと一致している必要があります。つまり,基本的にはFreeBSDが動作するアーキテクチャで,rootユーザで,そのアーキテクチャ向けのFreeBSDをビルドしてインストールおよびインストールイメージを制作する必要があります。

これは組み込みシステムを開発したり,カスタムしたFreeBSDインストールイメージを作成する場合には不便なところがあります。一般ユーザでビルドおよび特定のディレクトリへのインストール,そこからのインストールイメージの制作ができたほうが便利です。

FreeBSD開発者のひとりであるBrooks Davis氏がこれを実現するための開発に取り組みました。root以外のユーザもインストールできるようにする「-DNO_ROOT」オプションと,システムに用意されているユーザ/グループとインストール時のユーザ/グループが違っていても動作するための「-DDB_FROM_SRC」オプションが追加されています。

この仕組みはNetBSDのmtree(8),pwcache(3),vis(3)の機能をマージすることで実現されています。NetBSD mtree(1)は今の所nmtree(8)として導入されていますが,FreeBSD 10.0-RELEASEまでにはnmtree(8)がデフォルトのmtree(8)として扱われることになります。

この機能はFreeBSD 8系までバックポートされる計画で,最終的にFreeBSD 8系以降の最新版はrootにならずともシステムをビルドしてインストール,インストールイメージの制作ができるようになる予定です。

コメント

コメントの記入