FreeBSD Daily Topics

2013年3月28日 FreeNAS 8.3.1登場,ボリューム暗号化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

product

FreeNAS 8.3.1 available

iXsystemsからFreeNASの最新版となる「FreeNAS 8.3.1」が公開されました。amd64版(64ビット)とi386版(32ビット)が提供されています。

サービスのアップデート,デバイスドライバのアップデート,バグの修正などさまざまな変更が盛り込まれていますが,もっとも注目されるのはZFSのボリュームを暗号化する機能が搭載された点にあります。暗号化機能が有効になったZFSをオープンソースのプラットフォームとして提供するのはFreeNASが初の存在だとアナウンスに説明があります。

セキュリティが重視される場合,FreeNAS 8.3.1は優れた選択肢です。ディスクが紛失または盗難にあった場合でもデータを保護しやすくなります。鍵の管理インターフェースも追加されています。

FreeNASは現在,FreeBSD 9系への移行を進めています。従来よりもFreeBSDそのものの機能を活用して,FreeBSDとFreeNASの違いを少なくする方向で作業を進めており,リリースされる最新のFreeBSDをすぐに活用できるようになると説明があります。

ひとつ前のバージョンであるFreeNAS 8.3.0は50万ダウンロードに到達し,ダウンロード数は増え続けているとのことです。FreeNASはFreeBSDベースのプロダクトの中でも人気の高いもので,利用者が増え続けています。

コメント

コメントの記入