FreeBSD Daily Topics

2013年4月11日 FreeBSDをPC-BSDへ変換する方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

products

Converting to PC-BSD

先日の方法でPKGngのリポジトリをiXsystems / PC-BSDプロジェクトの提供するものへ切り替えた場合,pkg(8)経由でFreeBSDをPC-BSDへ切り替えることができるという面白いことができます。切り替えは次のようにpkg(8)コマンドで実行します。このあたりの話はTurn FreeBSD into PC-BSDに説明があります。

# pkg install -yf pcbsd-base
# rehash
# pbreg set /PC-BSD/SysType PCBSD
# pc-extractoverlay desktop
# pc-extractoverlay ports

ここで再起動するとPC-BSDのいつものログイン画面(GDM)が表示されるようになります。

NVIDIAのグラフィックチップを使っている場合,次のコマンドも実行しておきます。

pc-metapkgmanager add NVIDIA

PC-BSDでは最初の起動時にディスプレイの設定などを行うウィザードが起動します。再起動してから同じウィザードが起動してくるようにするには,次のようにファイルを作成してから再起動を実行します。

# touch /var/.runxsetup
# touch /var/.pcbsd-firstboot
# touch /var/.pcbsd-firstgui

PC-BSDはベースシステムのアップデートをFreeBSD Updateへ,アプリケーションをPKGngへ移行させています。これは最新のFreeBSD成果物をすぐにPC-BSDに反映するための取り組みです。Linuxディストリビューションもローリングリリースモデルへ移行するプロジェクトが増えているなど,ひとつの潮流になりつつあります。

コメント

コメントの記入