FreeBSD Daily Topics

2013年11月8日 PC-BSD 10-STABLE,ディスクマネージャでZFS管理強化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

product

PC-BSD Weekly Feature Digest 11/1/13

2013年11月1日付けのPC-BSD週間報告が公開されました。報告の中でPC-BSD 10.0リリースへ向けた開発が急ピッチで進められていることが紹介されています。PBI 10のフォーマットはすでに準備が整っており,今週には10.0 AppCafeの評価を開始するとしています。

11月1日の報告ではPC-BSDの新しいディスクマネージャ(DM: Disk Manager)が引き合いに出されています。この新しいディスクマネージャは特にパワーユーザ向けの機能が強化されたバージョンで,ZFSプールの管理が可能になっています。ディスクの追加や管理,スクラブの実行,ARC/ZILデバイスの追加などの操作ができるようになっています。

また注目すべき機能として,Life Preserverのようにスナップショットの作成や特定のスナップショットへのリバーとがGUIインターフェースから操作できるようになった点が紹介されています。スライスの作成やパーティションの作成などもできるようになっています。これまでコマンドで操作していた内容がGUIから操作できるようになっています。一点,システムスライスなども簡単に削除できてしまうため操作は注意して行うようにといった説明があります。

PC-BSD 10-STABLE (2013年10月30日版)使用例

PC-BSD 10-STABLE (2013年10月30日版)使用例

PC-BSD 10-STABLE (2013年10月30日版)使用例

PC-BSD 10-STABLE (2013年10月30日版)使用例

PC-BSD 10-STABLE (2013年10月30日版)使用例

PC-BSD 10-STABLE (2013年10月30日版)使用例

コメント

コメントの記入