FreeBSD Daily Topics

2014年2月6日 協力呼びかけ:カーネルパニックのデータ自動収集へのご協力

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

Automated FreeBSD panic reporting

FreeBSDデベロッパのColin Percival氏がFreeBSDカーネルパニック時のデータを自動収集するプログラムへの参加を呼びかけています。詳細はAutomated FreeBSD panic reportingで確認できるほか,サマリーはFreeBSD Quarterly Status Report, October-December 2013の"Centralized Panic Reporting"の項目でも確認できます。

カーネルのバグを修正する上でカーネルパニック時の情報は貴重なデータとなります。FreeBSDはデフォルトでパニック時のデータを/var/crash/以下に出力しますが,カーネルデベロッパにとってはここで出力されるデータがデバッグ時に必要となります。

パニック時のデータが保存された/var/crash/のサンプル

% ls /var/crash/
bounds     core.txt.3 info.0     info.4     vmcore.0   vmcore.4
core.txt.0 core.txt.4 info.1     info.5     vmcore.1   vmcore.5
core.txt.1 core.txt.5 info.2     info.6     vmcore.2   vmcore.6
core.txt.2 core.txt.6 info.3     minfree    vmcore.3
%

Colin Percival氏はこのデータを収集する作業に参加して欲しいと協力を呼びかけています。自動送信するためにソフトウェアはsysutils/panicmailにまとまっています。panicmailをインストールしたら/etc/rc.confに次の設定を追加することで機能を有効にできます。

/etc/rc.confに追加する設定

dumpdev="AUTO"
panicmail_enable="YES"

メールでデータを送信しますので,マシンからmail(1)コマンドでメールが送れることも確認しておいてください。特によくカーネルがパニックするといった方は,こうした取り組みを通じて問題の解決に貢献できる可能性があります。

コメント

コメントの記入