Linux Daily Topics

2009年10月4日 Plamo Linux 4.7が登場,KDE周りが大幅に改善

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

こじまみつひろ氏は10月1日,Plamo Linux 4.7を正式公開した。Plamo Linuxはこじま氏が中心となって開発を進めているSlackwareベースの日本語Linuxディストリビューション。新バージョンは,今年2月に公開されたPlamo Linux 4.6の構成の延長線上にあるため,見た目や使い勝手にそれほど大きな変化はないが,主要なアプリケーションがいくつかアップグレードされ,KDE周りに大きな改善が図られているのが特徴だ。

変更があった主なソフトウェアは以下の通り。

  • Linuxカーネル 2.6.30.7
  • GCC 4.3.4
  • glibc 2.10.1
  • KDE 4.3.1
  • GNOME 2.26.23
  • Xfce 4.6.1
  • ptetex3 20090610
  • OpenOffice.org 3.1.1

とくにKDEに関しては使い勝手が向上し,これまで頻発していた文字化けがほとんどなくなったという。

ISOイメージはDVD版(1枚,約3Gバイト)およびCD版(全5枚)がそれぞれ用意されている。DVD版の起動イメージはgrub,CD版のほうは1枚目の起動イメージのみgrub版とisolinux版が用意されている。入手は以下のサイトなどから行える。

URLftp://ftp.kddlabs.co.jp/pub/Linux/distributions/plamolinux/
URLhttp://ftp.kddlabs.co.jp/Linux/distributions/plamolinux/

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入