Linux Daily Topics

2009年10月9日 LinuxとFreeBSDがカーネルレベルで一緒に─Debian, 「kFreeBSD」アーキテクチャを正式認定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Debian Release Teamは10月7日, これまで実験的に進めてきたFreeBSDカーネルとの統合プロジェクトDebian GNU/kFreeBSDを, 他のサポートアーキテクチャと同等に扱うと宣言, うまくいけばDebianの次期リリース「Squeeze」で最初の成果物を公開する予定であることを発表した。

Debainは数多くのアーキテクチャをサポートすることで知られるディストリビューションだが, それだけではなく, Linux以外のカーネルを積極的に取り込む作業を以前から続けており, 代表的なものにDebian GNU/HurdやDebian GNU/NetBSDなどがある。そしてその中のひとつにFreeBSDカーネルとの統合を目的にした「Debian GNU/kFreeBSD」プロジェクトがあり, i386およびamd64の2つのアーキテクチャを対象にポーティング作業が行われてきた。それがこのたび, めでたく正式のサポートアーキテクチャ「kFreeBSD」として昇格したわけだ。

kFreeBSDは, FreeBSDカーネルとDebian成果物によるユーザランドによって構成される。DebianはFreeBSDカーネルにこだわった理由としてjails, OpenBSD Packet Filter, カーネルレベルでのNDISドライバのサポートなどを挙げている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入