Linux Daily Topics

2009年10月23日 Red Hatクローン「CentOS 5.4」リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

CentOSプロジェクトKaranbir Singh氏は10月21日(世界協定時)⁠CentOS 5.4のリリースを発表した。CentOSは,Red Hat Enterprise Linux(RHEL)を上位ベンダとするフリーのクローンLinuxディストリビューション。RHELとの100%互換をめざして開発が続けられており,今回のCentOS 5.4は,9月にリリースされたRHEL 5.4を受けてのもの。対応アーキテクチャはi386とx86_64,ISOイメージはBitTorrentなどからダウンロードできる。

CentOS 4.3では,エンドユーザの使いやすさを考慮してRHELの全リポジトリをひとつにまとめている。また,インストール時に外部リポジトリを有効にするオプションもインストーラに含まれている。

また,今回は同OSとしては初めてi386版のLiveCDを同時にリリースしている。ただし,LiveCDに関するリリースは後日発表になる予定だ。

CentOS 5.xからのアップグレードは

'yum update'

を実行するだけで可能。

DVDイメージは以下のURLからダウンロード可能。

x86 32ビット版
URLhttp://mirror.centos.org/centos/5.4/isos/i386/CentOS-5.4-i386-bin-DVD.torrent
x86 64ビット版
URLhttp://mirror.centos.org/centos/5.4/isos/x86_64/CentOS-5.4-x86_64-bin-DVD.torrent
CentOS
URLhttp://www.centos.org/

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入