Linux Daily Topics

2009年11月10日 Windows/MacユーザがLinuxを試す3つの方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

10年前に比べ,Linuxはかなり初心者にやさしいシステムへと変わった。とくにインストールが簡単になり,ユーザインターフェースも扱いやすいものへと変化している。

だが,それでもいまだに「⁠Linuxには)興味はあるけどインストールが大変そう」と尻込みするユーザは多い。そんなに人に向けて,面倒な作業をいっさい行うことなく,とりあえずLinuxの雰囲気だけでも味わってみることができる3つの方法をRaymii.orgというサイトが紹介してくれている。

【その1】Live CD/DVD/USBを使う

まずは王道から。各ディストリビューションのISOイメージをダウンロードし,そのイメージをCDもしくはDVDに焼いてしまおう。あとはそのCDをドライブに入れたままPCをリブートするだけ。普通はこれでOKだけど,CDから起動しない場合はBIOSの設定を変更する必要がある。たいていはOS起動前にF2/F8/Delキーなどを押せば設定画面になるので,そこでCDドライブからブートできるように変更しておこう。

もしもCD/DVDドライブでイメージを焼き込めない,あるいはCD/DVDドライブのないPCの場合は,1Gバイト程度のUSBメモリスティックを使うという手がある。ここでオススメしたいのがUNetbootinというOSSのツール。好みのLinuxイメージを,CDを焼かずとも簡単にインストールできるUSBメディアができあがる。

【その2】Wubiを使う

Wubi(Windows UBuntu Installer)は,その名の通りWindowsユーザ向けのUbuntuインストーラ。Linuxインストール作業に付きものだったパーティション分割に頭を悩ませる必要もなく,CD/DVDも不要。Windowsの1アプリケーションとしてUbunutuを扱うことができる。ただし,パフォーマンスについては本物のUbuntuと同等…というわけにはいかず,やはりちょっと落ちてしまう。

【その3】VitualBoxを使う

数ある仮想化環境の中でも,Windowsとの共存環境,それもWindows主体でLinuxを使ってみたいというユーザにはVirtualBoxがおすすめ。VitualBoxをインストールし,お好みのディストリビューションの仮想環境を作ればそれでOK。なお仮想環境には少なくとも1Gバイト程度のRAMを確保しておいたほうが無難。

Windows環境はそのままに,でもお手軽にLinuxもちょっと使ってみたい……昔ならtechieな方々から「タコ!」と怒鳴られそうなこんな願望も,今なら簡単に叶えられる。いい世の中になったものだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入