Linux Daily Topics

2009年12月28日 レスキュー専門ディストロ「SystemRescueCd 1.3.4」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Gentoo Linuxベースのディストリビューションで,Francois Dupoux氏が開発する「SystemRescueCd」は,システムクラッシュ時のデータ復旧を助けてくれる心強いOSである。その最新版であるSystemRescueCd 1.3.4が12月28日にリリースされた。

SystemRescueCdは,レスキューに特化した各種ソフトウェアがブータブルCD1枚に収められており,USBメモリに入れておくことも可能。主要なファイルシステムにはほとんど対応している(ext2/ext3/ext4,ReiserFS,Btrfs,XFS,JFS,VFAT,NTFS,ISO9660など)⁠SambaやNFSもサポートする。クラッシュ時の復旧のほか,バックアップの実行やパーティションの管理などにも適している。日本語環境には対応していないが,日本語キーボードは選択することができる。

画像

1.3.4の主な機能強化ポイントは以下の通り。

  • Linuxカーネル 2.6.31.9(Btrfsを2.6.32から抜粋)
  • オルタナティブカーネルにLinux 2.6.27.41
  • X.Org Server 1.6.5
  • NTFS-3G 2009.11.14(NTFSをクロスプラットフォームでサポートするOSS)
  • gDisk 0.5.1(GPTパーティションマニピュレータ)
  • FSArchiver 0.6.2(ファイルシステムアーカイバ: 0.6.3βもオプションで提供)
  • scsiadd(SCSIデバイスを追加/削除するツール)
  • /usr/sbin/suspend-usb-deviceスクリプト(USBを安全に外すためのスクリプト)
  • Memtest+ 4.00がカーネル診断時に起動
  • ハードウェア検出ツールがAIDAからHDT 0.3.6に

ISOイメージはx86/amd64ともに,SysetemRescueCdのサイトからダウンロードできる。

SystemRescueCd
URLhttp://www.sysresccd.org/

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入