Linux Daily Topics

2010年1月21日 「サードベンダのローコストRHELサポートは“悪夢”」ライバルとの対決姿勢を鮮明にするRed Hat

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

今流行りのクラウドコンピューティングでは,MicrosoftとRed Hatの2社がインフラの主導権を握ろうと激しく争っている。だが,No.1 LinuxベンダであるRed Hatにとって,Windowsプラットフォームを展開するMicrosoftよりも,同じLinux陣営のほうに本当の意味での敵が多いようだ。ここで言う「敵」とはつまり

  • フリーのLinuxソリューション …Ubuntu,CentOSなど
  • RHELのサポートを低コストで提供すると謳うサードベンダ …Oracle,Novellなど

のこと。

同社は2月3日,⁠フリー&"ローコスト"Linuxのリスクを理解する(Understanding the Risks of Free and "Low Cost" Linux)⁠と題したWebセミナーを行う予定だが,その概要説明では,とくにサードベンダによるローコストなRHELサポートを"悪夢(nightmare)"とまで表現している。

Oracleは2006年に行われた同社の年次カンファレンス「Oracle OpenWorld」において,同社のCEOであるLarry EllisonがRHELサポートプログラムである「Unbreakbale Linux」を発表,Red Hatに対して「Oracleのほうが低コストで安心なRHELサポートを提供できる」と挑戦状を叩きつけた。"Ubureakable(決してこわれない)"という名前をつけたところに,Red Hatより良いモノを出せるというOracleの強気の姿勢が感じられる。もちろんRed Hatは激しく反発したが,同サポートは現在も続けられている。

Novellの場合はOracleほど直接的ではないが,やはりRed Hatにとっては面白くないサービスのひとつだ。同社が提供するSUSE Linux Enterprise Server(SLES)のサポートメニューには"拡張サービス"の一環として,SLESへの移行期間中,向こう3年間にわたり,顧客が現在使用しているRHELをサポートするというものがある。WindowsやSAP ERPなど,エンタープライズでメインとなっているソリューションと親和性が高いのはSLESだけ,だからRHELからは乗り換えたほうがお得,でも今使っているユーザが困らないようにNovellがRHELを期間限定でサポートして差し上げます,というもの。

もっとも,これらのサービスはいずれも最近始まったものではない。なぜRed Hatが今になってこれらを"悪夢"と呼ぶようになったのか,その理由ははっきりしない。同社の業績は非常に好調で,パートナー業者からの評判も高い。また,RHELだけでなくJBossを中心とするミドルウェア事業も順調に進んでいる。他社のサポートをとくに気にする必要はないように思えるが,もしかしたら新事業を進めるにあたって,こういった勢力が邪魔になる可能性が出てきたのかもしれない。2月3日のウェビナーでどんな話題が出るのかが注目される。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入