Linux Daily Topics

2010年1月29日 Ubuntu 8.04 LTSの最終メンテナンスバージョンが登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Ubuntuリリースチームは1月29日(英国時間)⁠Ubuntu 8.04 LTS(開発コード: Hardy Haron)の4回目のメンテナンスバージョンとなる「Uubutu 8.04.4 LTS」を公開した。アップデートされたのはデスクトップ版,サーバ版,オルタネートインストレーションCDで,対応アーキテクチャはi386およびamd64。アップデートされた箇所は77で,セキュリティアップデートとバグフィクスが中心。なお,Ubuntu 8.04 LTSに関しては,これが最後のメンテナンスになるという。

Ubuntuはこれまで3回のLTS(Long Time Support: デスクトップ版は3年,サーバ版は5年の長期サポート)バージョンをリリースししており,Ubuntu 8.04 LTSはデスクトップ版が2011年,サーバ版が2013年までサポートされることになっている。次のLTSバージョンであるUbuntu 10.04 LTS(開発コード: Lucid Lynx)は3ヵ月後の2010年4月にリリースされるため,開発チームは8.04ユーザに対し,10.04公開後はそちらに移行することを推奨している。

Ubuntu 8.04.4はUbuntuのダウンロードサイトから入手可能。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入