Linux Daily Topics

2010年2月4日 軽量軽快なSlackwareベースのディストロ「Absolute Linux 13.0.8」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Absolute Linuxの開発者Paul Sherman氏は2月2日(現地時間)⁠⁠Absolute 13.0.8」を正式公開した。1月31日に出たAbsolute 13.0.7のバグフィクス版で,前バージョンで不具合が報告されていたマルチメディアインストーラが改善されている。Linuxカーネルは2.6.32.7。1月までのSlackwareアップデートがすべて含まれている。

Absolute LinuxはSlackwareを軽量化したデスクトップユースのLinuxディストリビューション。Firefox,OpenOffice.org,Pidgin,GIMPなど人気の高いデスクトップ/インターネットアプリケーションが数多くプリインストールされている。GNOMEやKDEといった負荷のかかるデスクトップ環境は入れておらず,ウィンドウマネージャにはIceWM,ファイルマネージャにはROXをそれぞれ採用している。

デスクトップユースといっても,開発者向けのライブラリも充実しており,Slackwareベースであることから,ソースからビルドするような中上級者にもユーザが多い。また,比較的古いハードウェアでも動作することが多いのも魅力のひとつだ。

対応アーキテクチャはx86のみ。SourceForgeなどからISOイメージが入手できる。

画像

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入