Linux Daily Topics

2010年2月19日 NVIDIAユーザ待望の3DサポートがFedora 13で実現

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

本コーナーでも何度かお伝えしてきたNVIDIAドライバ"NOUVEAU"は,Red Hatの技術者が中心となって活動しているプロジェクトの成果物である。NVIDIAハードウェア上でも,Linuxで3Dアクセラレーションを実現する技術として注目されており,次のカーネルにもマージされることが決定している。そして,5月中旬にリリースが予定されているFedora 13では,ほとんどのLinux+NVIDIAマシンで,3D/OpenGLがサポートされることになりそうだ。

Fedora 12ではすでにNVIDIA上で2Dアクセラレーションは可能になっているが,次のFedora 13ではMesaドライバのパッケージ(mesa-dri-drivers-experimental)をアップデートすることで古いNVIDIAマシンを,Gallium3Dドライバで比較的新しいNVIDIAハードウェアをそれぞれサポートするという。

Fedoraの開発者のひとりでRed Hatに在籍するAdam Williamson氏は,自身のブログ「Spring RTSフレームワーク,ウィンドウマネージャのCompiz, 3DゲームのNeverballやFoobillard,Quake 3などが,それほどストレスを感じることもなくGeForce 9400GT上で動作した」と報告している。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入