Linux Daily Topics

2010年2月26日 Vine Linuxは5.1 & Ubuntu 10.04 α3が登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Vine Linux 5.1

Project Vineのすずきだいすけ氏は2月26日,Vine Linux 5.1(開発コード「Cheval Blanc」⁠の正式リリースを発表した。本サイトおよび各ミラーサイトサイトからダウンロードのほか,26日および27日に開催されるオープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Springの会場においてCD/DVDの配布が行われる。

Vine Linux 5.1は,2009年8月にリリースされたVine Linux 5.0のアップデートリリースで,セキュリティアップデートおよびバグフィクス,一部のパッケージのアップデートが行われている。5.0からの仕様変更はない。

Ubuntu 10.04 α3

4月にリリース予定のUbuntuの次期バージョン「Ubuntu 10.04 LTS(開発コード「Lucid Lynx」⁠のアルファ第3版が2月25日(グリニッジ標準時)に公開された。採用されているLinuxカーネルは2.6.32-14.20。

大きな特徴としては

  • デフォルトサーチエンジンがYahoo!に変更
  • デフォルトホームページを設定時に選択(Google/Yahoo!)
  • Kubuntuのデスクトップ環境はKDE SC 4.4
  • Active Directory認証を可能にするlikewise-openパッケージのバージョンが5.4に
  • NVIDIAドライバ3種類のサポート
  • UEC(Ubuntu Enterprise Cloud)の改善

などが挙げられる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入