Linux Daily Topics

2010年3月11日 使わなくなったPCをジュークボックスサーバに! VortexBox 1.2リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

使わなくなったPCというのは案外,扱いに困るものである。動かなくなったのであれば廃棄するしかないが,まだ動くモノの場合,捨てるにはなんとなく忍びない。そんなobsoleteなPCに"音楽サーバ"という新しい生き方を与えてくれるFedoraベースのLinuxディストリビューションが「VortexBox」だ。その新バージョン「VortexBox 1.2」が3月9日にリリースされた。

画像

VortexBoxはCDを挿入すると自動でリッピングを開始し,FLACやMP3ファイルに変換,ID3タグを抜き出し,カバーアートもダウンロードする。音楽を聴くには,ネットワークにつながった外部のマシンからWebブラウザ + メディアプレーヤーを使用する。インストールも非常に簡単で,容量を食う音楽ファイルの保存に困っているなら,オススメのメディアサーバである。WindowsやMac OSへのストリーミング再生にも対応している。

1.2では,バグフィクスのほか,パッケージマネージャが新しくなり,GUIの使いやすさが向上,さらにLogitech SqueezeBox Server 7.4.2がプリインストールされている。

ISOファイルの入手はVortexBoxのサイトなどから可能。

VortexBox
URL:http://vortexbox.org/

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入