Linux Daily Topics

2010年4月5日 メディアプレーヤー「Songbird」がLinuxサポートを中止

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

先日のSCEによるPS3のLinuxサポート中止に続き,またもやLinuxユーザをがっかりさせるニュースが届いた。4月2日,OSSのメディアプレーヤーとして人気の高いSongbirdが,Linuxサポートを中止すると発表した。

画像

Songbirdのエンジニアリング担当バイスプレジデント Georges Auberger氏は同社のブログ「Linuxサポート中止は,Songbird創立以来,もっとも辛い決断」としながらも,⁠すばらしいLinuxプロダクトとしてリリースしていくことは,もうできない」と宣言,現在開発中の次バージョン"NOFX"はWindows版とMac版のみのリリースになるという。NOFXは4月末リリース予定で,MPEG-4やWMVエンコーディングのサポート,ビデオ再生機能の改善など多くの機能強化が実施されるバージョンだけに,リリースを楽しみにしていたLinuxユーザも多かった。

Linuxサポート中止は「限られた開発リソースをLinux版にまわせなくなった」ことが主な理由とAuberger氏は弁明している。コミュニティ内にLinux開発者用のWikiは引き続き残すものの,そこから得られたフィードバックが反映されてLinuxバージョンとしてプロダクトアウトすることはないという。

当然,ユーザやコミュニティからの反発は強く,同ブログにはネガティブな書き込みが数多く見られる。中には今年1月,米ラスベガスで行われたCESにて発表されたPhillipsとの提携が原因なのでは,と推測する向きもある。Phillpsは同社のMP3プレーヤーにSongbirdをバンドルすることを発表したが,Songbirdがこの移植をLinux版開発よりも優先したのでは,というものだ。いずれにせよ,クロスプラットフォームを謳っていたOSSのプロダクトがLinuxサポートを打ち切るとは,非常に残念な話である。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入