Linux Daily Topics

2010年5月6日 LinuxでYouTubeを楽しむならコイツがオススメ! "Minitube 1.0"登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Appleが意地でもiPhone/iPadでのFlashサポートを拒否している件,さすがのAdobeも怒り心頭で,このままだと訴訟にまで発展しかねない状態だが,たしかにFlashってメモリ足りなめなマシンにはちょっと重たいなあ…と感じるときがなきにしもあらず。とはいっても,YouTubeなどの動画サイトを楽しむならFlash Playerは欠かせないし…と思っていたら,こんなOSSがリリースされていた。Minitube 1.0である。

画像

MinitubeはYouTubeのネイティブクライアントで,FlashなしでもYouTubeを楽しめるというスグレモノ。動作環境はWindows,Linux,Mac OS Xで,インターフェースがオリジナルのYouTubeとはかなり違う感覚。5月4日リリースされたばかりの1.0ではフルHD(1080p)をサポート,YouTubeのリンクとビデオストリームのURLをクリップボードにコピーすることもできる。残念ながら日本語対応はまだみたいだけど,Windows版に先駆けてLinux版(とMac版)をリリースしたというのはさすがです。

こちらもリリースされたばかりのLucid LynxことUbuntu 10.04には,実はMinitube 0.9が入っている。リリース日の関係でバージョン1.0が間に合わなかったようだが,ダウンロード→アップグレードするには,コマンドターミナルから以下のようにしてやればOKのようだ。

wget https://sourceforge.net/projects/linuxfreedomfor/files/Minitube/minitube_1.0_all.deb/download
sudo dpkg -i minitube_1.0_all.deb
sudo apt-get install -f 
sudo apt-get install phonon-backend-gstreamer gstreamer0.10-ffmpeg gstreamer0.10-plugins-bad

パッケージの依存関係がまだ不安定らしいので,最後の1行を忘れないほうがよい。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入