Linux Daily Topics

2010年5月26日 ここ最近で最も意欲的なバージョン─Fedora 13がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Fedora Projectは5月25日(米国時間)⁠Fedora 13の正式公開を発表した。すでにFedoraのサイトから入手可能になっている。当初予定していた公開日よりやや後ろにずれ込んだ形となったが,その甲斐あって"リーディングエッジなディストリビューション"の名にふさわしい,さまざまな新機能が盛り込まれた意欲的なバージョンとなったようだ。Linuxカーネルには最新の2.6.34を採用している。

Fedora 13の数ある新機能/改良点のうち,もっとも注目すべきポイントは次の5つだ。

① 初心者にもやさしいデスクトップ環境

インストーラ⁠Anaconda⁠のユーザインターフェースを変更し,ストレージデバイスの扱いやパーティショニングなどがこれまでよりも簡単に行えるようになった。プリンタドライバの自動インストール,データのバックアップや写真編集の簡易化,ディスプレイ表示と印刷の色の違いを低減するカラーマネジメントなども採り入れられている。

② 3Dグラフィクスドライバの改良

前バージョンのFedora 12ではIntelおよびATIのビデオカードに対応した3Dドライバが加わったが,Fedora 13ではさらにNVIDIAグラフィックカードドライバを強化,3Dゲームや3Dデスクトップをリアルに体感できる。

③ 仮想化機能の強化

新たにKVM Stable PCI Addressesをサポートする。これは,他のデバイスがゲストコンフィギュレーションから追加/削除される際,KVMゲストマシンのデバイスはPCIアドレス空間をホストマシン上に保持したままでいられる。これによりWindowsゲストが再度アクティベーションを要求するときに出る警告などを回避しやすくなる。

また,共有ネットワークインターフェース(Shared Network Interface)も改良され,仮想マシンが同じ物理ネットワークインターフェースカードをホストOSと共有できるようになった。KVM仮想ネットワークのパフォーマンスも大幅に向上している。

④ 開発環境の強化

Fedora 13ではとくにPython周りを強化しており,たとえばPythonとC++のミックスライブラリの提供や,Python 2.6とPython 3のパラレルインストールが可能になったことなどが挙げられる。また,実行中のシステムをプローブするSystemTapを採用,コードの最適化や改良をしやすくする。

⑤ Btrfsの拡張

次世代ファイルシステムの最有力候補として名前が挙がっているBtrfsだが,Fedora 13ではファイルシステムのスナップショット機能をサポート,これにより,実験的にソフトウェアをアップデートしたり,任意の時点の状態に戻ることが簡単になる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入