Linux Daily Topics

2010年6月15日 次のリリースはもっと先進的に! Fedora 14の新機能をチラ見する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

先日リリースされたばかりのFedora 13はその先進性が話題になっているが,一部のユーザやデベロッパの目は早くも次のFedora 14に向いているようだ。Fedora14のロードマップは今週末に発表される予定だが,FedoraプロジェクトメンバーのRahul Sundaram氏が「Fedora 14で実現する3つの新機能」を自身のブログで公言している。以下,その内容を簡単に紹介しよう。

[その1]LZMA/Xzによる画像圧縮

Fedoraは以前からデータロスが少ないなどの理由から,データ圧縮技術としてLZMA/Xzに注目しきた。すでにFedora 12からRPMペイロード用にLZMAを使用しているが,Fedora 14ではさらに一歩進んで,ライブイメージの圧縮にもLZMAを使う。ゲームなどサイズの大きい画像を大量に必要とするパッケージには最適だが,ゲームだけでなくFedora全体に利するところが大きい。LZMAによって10%はサイズを縮めることができるだろう。

[その2]高速画像ブラウジングを可能にするlibjpeg-turbo

JPEGライブラリのデフォルトをlibjpegライブラリからlibjpeg-turboライブラリに変更する。これによってパフォーマンスが大幅に向上し,少なくとも2倍の圧縮率向上が見られるはずだ。libjpeg-turboはlibjpegと同じAPI/ABIをもっているため,MMX/SSE搭載のCPUプラットフォーム上で高速に動作するだけでなく,非SSEプラットフォームでも動作するところもポイントだ。とはいってもlibjpeg-turboはまだ開発中のため,Fedoraではレビュアーを募集している。

[その3]ストレージのマルチパスサポート

Fedora 13をすでに使っているなら,ストレージデバイスの選択画面が新しくなっていることに気づいただろう。ここしばらくのリリースで,Anaconda(Fedoraのインストーラ)はデバイスのハンドリングに関してずいぶん改良を加えてきたが,Fedora 14ではさらに新たなエンタープライズ機能─マルチパスデバイスサポート─を付け加える予定だ。これにより大容量ストレージを接続する際の可用性が大きく高まることになる。なお,マルチパスデバイスからブートする機能も搭載する予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

  • Re:

    速度じゃなくて圧縮率なの?

    Commented : #1  @ (2010/08/08, 10:32)

コメントの記入