Linux Daily Topics

2010年6月22日 Google,Linuxユーザにはうれしいコマンドラインツール「GoogleCL」を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Googleは6月19日,コマンドラインツール「GoogleCL」を公開した。PicassaやYouTubeなど,Googleのおもだったサービスへのアクセスをコマンドライン上で実行できるユーティリティで,現在のバージョンは0.9.7,ライセンスはApache License 2.0。Linux/Mac/Windowsで動作する(Windowsで動作させる場合はIsaac Truett氏のブログのエントリなどを参照)⁠

GoogleCLで扱えるGoogleのサービスは以下のとおり。

  • Blogger
  • Calendar
  • Contacts
  • Docs
  • Picassa
  • YouTube

たとえば,ローカルディスクの/photos/cats/以下にあるネコ写真で,"Cat Photos"という名前のアルバムをPicassa上に作りたいときは,

$ google picasa create --title "Cat Photos" ~/photos/cats/*.jpg

のようにコマンドを入力すればOK。その他のサービスの使用例もGoogleCLのページで紹介されている

GoogleCLはPythonで書かれたアプリケーションであるため,Pythonライブラリであるpython-gdata()をあらかじめインストールしておく必要がある。Pythonの古いバージョン(1.2や1.3)ではGoogleCLが動作しないので,2.0以降のバージョンにアップグレードしておこう。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入