Linux Daily Topics

2010年7月14日 iTunesの対抗馬! 合法音楽サービス「Spotify」がLinux版を提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

残念ながら日本ではサービス提供されていないが,興味深いP2P音楽サービス「Spotify」のLinuxクライアントがリリースされたようなのでこれを紹介したい。

画像

Spotifyはスウェーデンに本拠を置くベンチャー企業で,2008年から欧州を中心に音楽ストリームサービスを提供している。サービスモデルは無料と有料の2本立てで,無料のほうは15分ごとに広告がクライアント画面に挿入される。ビットレートは無料が160kbps,有料が320kbps。AppleのiTunes以外で合法音楽サービスで成功した例は非常に少ないが,Spotifyはその稀な部類に入る。成功の理由は,取り揃えている楽曲の多さとシンプルで使いやすいインターフェースにある。

対応クライアントはWindowsとMacだけだったが,⁠コードを書きながら音楽を聴きたい!」というLinuxユーザからの強い要望により,7月12日,Spotityは「Spotify for Linux」のプレビュー版を発表した。対応するディストリビューションはDebian SqueezeとUbuntu 10.04。現在のところはプレビュー版に留まっているためサポートなどは行われないが,同社は「なるべく早い時期に,Windows/Macと同等の機能およびサービスを提供できるようにしたい」と表明,そのために「ユーザからの多くのフィードバックを求めたい」と呼びかけている。

Linuxユーザにとって多少がっかり感が否めないのが,このLinuxプレビュー版,Spotifyの有料サービス(Spotify Premium)会員じゃないと利用できないことだ。サポートなしのプレビュー版なら無料でもいいのでは……と思わなくもないが,SpotifyもまだLinuxビジネスに対して慎重にならざるを得ないのだろう。無料/有料のいわゆるフリーミアムモデルがLinuxでも成り立つかどうか,見極めているといったところか。

いずれにせよ,Spotifyのような人気サービスがLinuxユーザにも門戸を開いてくれたのは歓迎すべきことだ。今後もこういった動きが加速することを期待したい。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入