Linux Daily Topics

2010年7月16日 openSUSE 11.3登場 ─トレンドに合わせ,デバイス/サービスのサポートを多様化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

The openSUSE Projectは7月15日(現地時間)⁠当初のスケジュール通り,openSUSE 11.3(32ビット版/64ビット版)を正式公開した。多くの変更点の中でも特筆すべきはネットブックのサポート開始,そしてクラウド上でバックアップ/ファイル同期を行うオープンソースソフト「SpiderOak」の採用が挙げられる。

Linuxカーネルは2.6.34,デスクトップ環境はKDE SC 4.4.4,GNOME 2.30.1またはGNOME 3.0プレビューのほか,軽量デスクトップ環境のLXDE 0.5.5やXfce 4.6.1などから選ぶことができる。その他,グラフィック周りでは,X.Org 7.5/Xserver 1.8,NVIDIAのデフォルトドライバにNOUVEAU,KMSはATI,Intel,NVIDIAでデフォルト使用可能となっている。また注目の新ファイルシステム「Btrfs」のサポートも実験的であるが開始している。

GNOME 3.0プレビューのActivity view機能

GNOME 3.0プレビューのActivity view機能

今回から本格的にサポートを開始したネットブックについては,KDEプロジェクトの「Plasma Netbook Workspace」によるアプリケーション起動システムがポイント。とくにメールやソーシャルネットワークへのアクセスが迅速かつ簡単に行える点が特徴だ。また,MeeGoへの対応も行われており,⁠MeeGo on openSUSE」というパッケージが提供されている。

KDE SC 4.4のNetbook application launcher

KDE SC 4.4のNetbook application launcher

新しく加わったパッケージも数多いが,注目はインターネット上でファイルのバックアップや同期,共有を可能にするSpiderOaK,そしてオーディオファイルを編集できるRosegarden 10.04といったところだろう。またGoogleサービスをコマンドラインで利用できるGoogleCLも含まれている。Firefoxは3.6.6になり,Personaが利用可能になった。OpenOffice.orgは3.2.1,Thunderbirdは3.0.5となっている。

仮想化環境のサポートとしてはXen 4.0のほか,VirtualBox-ose 3.2.6が挙げられる。

スマートフォンについては,iPhone,Android端末,BlackBerryとの同期が可能になった。その他,HP TouchSmartのようなタッチスクリーンのサポートも開始している。

openSUSE 11.3のダウンロード
URL:http://software.opensuse.org/

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入