Linux Daily Topics

2010年7月23日 インターフェースはHTML5! ネットブックに最適化した「Jolicloud」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

クラウド流行りの昨今,Linuxディストリビューションももちろん例外ではなく,UbuntuやFedoraなどの人気ディストロを中心に,多くがクラウド対応を積極的に進めている。そんなブームの中にあって,7月20日⁠最強ネットブックOS⁠を謳うUbuntuベースのLinuxが登場した。その名も「Jolicloud 1.0」⁠

最近のネットブックOSは,アプリケーションがネイティブかクラウドかをユーザが気にする必要がないようにできている。基本的に常にオンライン状態にあることを前提にしているからだ。Jolicloudも同じである。

そしてJolicloudの最大の特徴はHTML5をベースにしたユーザインタフェースを採用している点だ。ベースのデスクトップ環境はGNOMEだが,ネットブックOSなのに,iPhone/iPadやAndroid端末を想起させるような外観である。アプリランチャーではAlt+Tabを使用してアプリを選択できるし,App Directoryではお勧めアプリをレコメンドしてくれる。もちろんアップデートマネージャも付いており,バージョンアップのタイミングを逃すことはない。さらにすごいのはSocial Stream機能で,友人,つまりソーシャルネットワーク上で自分とつながりがある人の行動がストリームされる。たとえば「○○さんが,Twitter上で××さんをフォローしました」⁠△△さんがGmailをインストールしました」といった具合である。

Jolicloud Netbook Launcherの画面

Jolicloud Netbook Launcherの画面

Jolicloud App Directoryの画面

Jolicloud App Directoryの画面

Social Stream/Friend Streamの画面

Social Stream/Friend Streamの画面

Windows XP/7が入っているネットブックでも「JolicloudExpress.exe」というインストーラを使えば簡単に導入できる。Windows XP Homeが入ったネットブックを持て余し気味なら,試してみると良いかもしれない。

Windows上でJolicloud Expressを起動したところ

Windows上でJolicloud Expressを起動したところ

Jolicloud
URL:http://www.jolicloud.com/

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入