Linux Daily Topics

2010年7月29日 GNOME 3.0はまたもやリリース延期,来年3月に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ユーザも開発者も長いことその登場を待ち望んでいるGNOME 3.0。この9月にはようやく正式公開か……と思っていたら,残念なことにまたもや延期となるようだ。7月28日,GNOMEリリースチームは「7月26日に行われた開発者向け年次カンファレンス"GUADEC"での討論を経て,我々はGNOME 3.0を世に送り出すには,あと半年必要だという結論に達した」と発表した。これにより,GNOME 3.0のリリースは早くて2011年3月となる見込みだ。

GNOMEは6ヵ月に一度の頻度でリリースを行うことで知られている。Ubuntuが年2回,4月と10月にバージョンアップするのはGNOMEのリリースに合わせるためだ。10月リリース予定のUbuntu 10.10(Maverick Meerkat)では,GNOME 3.0の実装が期待されていた。今回のリリース遅延により,UbuntuにGNOME 3.0が載るのはUbuntu 11.04以降になる。

リリースチームの発表によれば,9月にはGNOME 2.32とともに,GNOME 3.0のプレビュー版をリリースしする予定だという。そして「十分な期間をもってユーザからのフィードバックを反映し,テストを行い,3月には万全の体制でGNOME 3.0を公開したい」としている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入