Linux Daily Topics

2010年8月9日 聞こえ始めた"Squeeze"の音 ─Debian 6.0がフリーズ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Debian Projectは8月6日(米国時間)⁠米ニューヨークで開催された開発者向けの年次カンファレンス「Debconf10」において,Debianの次バージョン"Squeeze"ことDebian 6.0の機能をフリーズしたことを発表した。今後,Squeezeに新たな機能が盛り込まれることはなく,リリースに向けてバグフィクスなど最終調整が行われる予定だ。

SqueezeではデフォルトのLinuxカーネルに2.6.32を,また,動的にカーネルモジュールを再構築できるフレームワーク DKMS(Dynamic Kernel Module Support)を採用している。DKMSにより,オリジナルのカーネルソースにないドライバモジュールなどをカーネルに常駐させることが可能になる。その他の主なソフトウェアは以下のとおり。

  • KDE 4.4.5
  • GNOME 2.30
  • LXDE 0.5.0
  • Xfce 4.6.2
  • X.org 7.5
  • OpenOffice.org 3.2.1
  • Apache 2.2.16
  • PHP 5.3.2
  • MySQL 5.1.48
  • PostgreSQL 8.4.4
  • Samba 3.4
  • Python 2.6/3.1
  • Perl 5.10
  • GHC 6.12
  • GCC 4.4

また新たにFreeBSDカーネルをベースとしたアーキテクチャがamd64/i386向けに"テクノロジプレビュー版"としてリリースされる。最新機能やサポートなどに関しては他のアーキテクチャと同等というわけにはいかないようだが,メジャーなLinuxディストリビューションがLinuxカーネル以外にユーザランドを解放するのは初の試みであることから注目度が高い。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入