Linux Daily Topics

2010年9月15日 国産ディストロ"Momonga Linux 7"がリリース,はやぶさの壁紙も収録

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Momonga Projectは9月13日,⁠Momonga Linux 7(開発コード"Natsuki")⁠を正式公開した。前バージョンの6から14ヵ月ぶりのメジャーアップデートとなる。対応アーキテクチャはi686およびx86_64。すでにDVD ISOイメージ,またはネットワークインストール用ISOイメージが入手可能になっている。

Momonga Linux Download Servers
URL:http://www.momonga-linux.org/download.html

Linuxカーネルには2.6.35を採用,これによりKSMを利用したメモリの重複排除,メモリ断片化の軽減,Btrfs,NILFS2といったファイルシステムの安定性向上が図られている。また別パッケージの提供になるが,実験的サポートとしてNative ZFSが利用可能になっている。また,初期RAMディスクの作成ツールはmkinitrdからDracutに変更,これによりinitrdから,より自由度の高いinitramfsで起動できるようになった(リリースノートではinitramfsではサイズが増大するので/bootに200Mバイト以上割り当てることを推奨)⁠

デスクトップ環境では,GNOME 2.30,KDE 4.5,Xfce 4.6.2が収録されている。また壁紙として,長野工業高等専門学校教授の大西浩次氏からCC BY-SAライセンスで提供してもらった小惑星探査機「はやぶさ」の大気圏突入時の写真が収録されている。

画像

日本語入力システムも変更されており,標準のインプットメソッドおよびかな漢字変換システムがSCIM+AnthyからiBus+Mozcになっている。日本語標準フォントは6と同様にMeuguriフォントだが,Firefoxでのレイアウト崩れが気になる場合はTakaoフォントを標準フォントに変更することを推奨している。

その他,最近多くのLinuxディストリビューションで対応しているiPod/iPhone/iPadの接続も可能になっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入