Linux Daily Topics

2010年10月13日 Ubuntuの互換ディストロ"Super OS"が10.10に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

"10.10"に合わせ,かなりの苦労をしながらも,ちゃんと10月10日にリリースされたMaverick MeerkatことUbuntu 10.10。派生バージョンのKubuntuやXubuntuも同時にリリースされているが,今回紹介するのは,そのUbuntuとの完全互換をめざすディストロ,その名も「Super OS」がMaverickからほとんど間を置かずにリリースされたという話題だ。

Super OSの正式名称は「Super Ubuntu」で,最初のエディションは2008年7月にリリースされた。Ubuntuをベースに,とくにデスクトップ環境におけるユーザエクスペリエンスを向上させるべくカスタマイズされているOSで,10月11日にリリースされたSuper OS 10.10は以下のような特徴を持っている。

  • NVIDIA,ATI,Broadcomのドライバインストレーションが簡素化
  • DVDメニューの右クリックでLive USBを作成可能(usb-creator)
  • OpenJDKに替わってJavaが再追加
  • Super OSのソフトウェアすべてがリポジトリアップデート
  • マルチメディアサポートの拡張(LC,DVD再生, MP3)⁠サポートフォーマットの拡張(QuickTime, Real, Windows Media, Flash, DivX, Xvidなど)

usb-creatorは独立したWindowsアプリケーションだ

usb-creatorは独立したWindowsアプリケーションだ

その他,Microsoft Silverlightの互換環境であるMoonlightや,KDE/Qtのライブラリが利用できるなど,Ubuntuにはない使い勝手の良さがウリとなっている。

アーキテクチャは32ビット版と64ビット版がそれぞれ用意されている。

Super OS
URL:http://hacktolive.org/wiki/Super_OS

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入