Linux Daily Topics

2010年11月10日 Red Hat Enterprise Linux 5.6βが登場,まもなくRHEL6に関するアナウンスも?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Red Hatは11月9日(米国時間)⁠⁠Red Hat Enterprise Linux 5.6 Beta」を公開した。

今回発表されたRHEL 5.6βの製品ファミリと対応アーキテクチャは以下の通り。

  • Red Hat Enterprise Linux 5 Advanced Platform
    x86,AMD64/Intel64,Itanium,IBM Power,System z
  • Red Hat Enterprise Linux 5 Server
    x86,AMD64/Intel64,Itanium,IBM Power,System z
  • Red Hat Enterprise Linux 5 Desktop
    x86,AMD64/Intel64

Linuxカーネルには2.6.18を採用,アップデートされた主なソフトウェアには,DNSsecを改善したBIND 9.7,PHP 5.3,Ethernetレイヤファイアウォールのebtables,ネットワークパケット分析ツールのdropwathcなどがある。また,日本語IPAフォント(JIS X 0213:2004)も新たにサポートされた。

もっとも,RHELユーザにとっての最大の関心事は,今日明日にでも詳細の発表がウワサされているRed Hat Enterprise Linux 6についてだろう(現在のステータスはBeta 2)⁠RHELの久々のメジャーバージョンアップとあって,ユーザ/開発者からの期待は高い。こちらも詳細が判明しだい,お伝えしていく予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入