Linux Daily Topics

2010年11月18日 "ミラクルパッチ"にLinusも大喜び!Linuxカーネルを高速化させた233行のコード

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvalds氏という人は,少なくともメールの中では,かなりはっきりと感情を表に出す。誰かor何かに対して怒っているときは相手を名指しで批判(というより非難)し,逆にうれしいときはあふれる喜びを隠そうとしない。今回紹介するのは後者のほう。「I'm also very happy」「it is a _huge_ improvement」「Good job.」など,喜びと称賛の表現がたくさん書かれているメールだ。

Linus氏を歓喜させたのは,カーネル開発に携わるMike Galbraith氏が書いた233行のカーネルスケジューリングパッチ。このパッチを適用すると,デスクトップ環境においてパフォーマンスが著しく向上するという。実際にこのパッチを当ててみた様子がYouTubeにアップされているが,パッチを当てる前と後では描画速度がまったく違うことに驚く。

パッチを当てる前


パッチを当てた後


Linus氏は11月14日付けのLKMLのメールで,「こんな小さなパッチがここまでの仕事をするなんて,まったく驚いたとしか言いようがないよ。もちろんうれしい驚きだけど。しかもこのコードは,煩わしいところ,醜いところがまったくない」と最初からほめまくっている。もともと,Linus氏はシンプルですっきりしたコードのほうが好きだと公言しており,肥大化した今のカーネルを決して快く思っていないことはよく知られている。だからこそ,233行という短いパッチがパフォーマンスを大きく向上させたことを高く評価しているのだろう。

「スクローリングのスムースさはもちろんだけど,僕が驚いたのはWebページのローディングの速さだ」とLinus氏はその速さを絶賛する。このパッチはTTYごとにタスクグループを自動的に生成するが,そのしくみがカーネルの高速化に大きく貢献しているようだ。

すでにさまざまな環境でテストが開始されており,一部からは「クアッドコアAMD Phenom CPUからIntel Atomネットブックまで,どれもこれもすばらしいパフォーマンス」を記録したという声も上がっている。Linus氏はGalbraith氏のパッチは「グループスケジューリングを"特定のサーバロードには便利な機能"から"キラーフィーチャー"に変える」とコメント,スケジューリングの概念を変える出来映えだと最大限の称賛を贈っている。

現在,Linuxカーネルは10月にリリースされた2.6.36が最新版だが,この"ミラクルパッチ"はその次の次のバージョンである2.6.38に取り込まれるのではないかと見られている。

著者プロフィール

階戸明(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入