Linux Daily Topics

2010年12月22日 Debian,Squeezeは"完全フリー"宣言

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

まもなく登場すると言われているLinuxユーザ待望のDebian 6.0 "Squeeze",この新バージョンに関してDebian Projectは12月15日,⁠Squeezeのカーネルは完璧にフリーな状態でリリースされる」と宣言,ユーザの間で話題を呼んでいる。

数あるLinuxディストリビューションの中でも,フリーソフトウェア精神を最も強く謳っているのがDebianであることはよく知られている。DebianのカーネルチームはSqueezeのリリースにあたり,非フリーのファームウェアをカーネルからすべて取り除いたとしている。これは前バージョンのDebian 4.0 "Etch",現バージョンのDebian 5.0 "Lenny"では実現しなかったことで,Debian Projectは「すべての問題は解決した。我々はSqueezeをDFSG(Debian Free Software Guidelines)に沿った,完全にフリーなものとして提供できることを誇りに思う」とコメントしている。

もっとも,Debianのフリーソフトガイドラインに沿ったファームウェアのみしか本当にサポートしないとなると,インストールできないマシンが大量に出てしまう。そのためDebianは,Squeeze用に非フリーのファームウェアも含むオルタナティブなインストレーションイメージと追加パッケージを用意する予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

  • 2010年12月22日 Debian,Squeezeは"完全フリー"宣言

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入