Linux Daily Topics

2011年1月6日 Linuxカーネル2.6.37がリリース,ファイルシステム周りの改善が目立つ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvalds氏は1月4日(米国時間)⁠Linuxカーネル2.6.37のリリースを発表した。今回のリリースにおける注目点は,ext4およびXFSに合わせたSMPスケーラビリティの改善,クラスタファイルシステムCephベースのネットワークデバイス,Btrfsの改善,PPTP(PPP over IPv4)のサポートなどが挙げられる。

2.6.37における主な変更点は以下の通り。

  • ext4におけるSMPスケーラビリティの改善(中間レイヤのbufferレイヤではなくBlock I/Oのbioレイヤを直接扱えるようになった)⁠mkfsの高速化
  • XFSスケーラビリティのパフォーマンス改善
  • ジャイアントロックのBKL(Big Kernel Lock)の削除
  • 分散ファイルシステムのCephベースのネットワークブロックデバイス「RDB(Rados block device)⁠
  • I/Oスロットルのサポート
  • ジャンプラベルの採用(トレースポイントをデフォルト無効に)
  • Btrfsの改善(非同期スナップショット作成など)
  • perf probeの改善("--moduleコマンドによるモジュールサポートなど)
  • 電源管理の改善(デバイスの自動サスペンドのディレイ,LZOハイバネーション圧縮)
  • PPTP(PPP over IPv4)のサポート
  • Fanotify APIを使用可能に

Linus氏はLKML宛のメールで「2.6.37は現在,非常に安定した状態にある」とコメントしており,まもなく次の2.6.38用のマージを開始するとしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入