Linux Daily Topics

2011年1月21日 Linuxカーネル2.6.38のRC版が登場,Linus大絶賛の"あの機能"もあります!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvalds氏は1月18日付のLKMLにおいて,次のLinuxカーネルであるバージョン2.6.38のリリース候補第1版を公開したことを明らかにした。

Linus氏が今回のリリースで最も"お気に入り"と表明しているのは,以前,同氏が大絶賛した短いパッチ ─TTYごとにスケジューラを自動生成することで大幅なパフォーマンス向上をもたらす機能,そしてRCU(Read/Copy/Update)ベースでパス名を探索する機能の2つだ。RCUによるパス名探索は,カーネル2.6.37で削除されたBKL(Big Kernel Lock)を十分に補完し,より高いパフォーマンスを実現するものとして期待されている。

もうひとつLinus氏は,ドライバアップデートのひとつとして行われたAMD Fusionのサポートを取り上げている。これはFermiのアクセラレーションを実現するとされており,ユーザからのリクエストが高かったサポートのようだ。

Linus氏はメールの最後に「パス名探索にもスケジューリング機能にも,そしてグラフィックカードのアップデートにも興味がなくとも,このカーネルを使うときっとエキサイトすることがいくつかあるはず」としており,2.6.38の開発が順調に進んでいることを感じさせてくれる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。