Linux Daily Topics

2011年2月25日 Ubuntu 11.04をめぐる小さなトラブルに見る“OSSとビジネスの両立”の難しさ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Ubuntuは世界で最も人気のあるLinuxディストリビューションであるだけに,その動向には多くのユーザが注目する。そして注目度が高まれば,当然ながら良い話ばかりではなく,きな臭いネタも伝わってくる。今回の話題は,リリースを2ヵ月後に控えた"Natty Narwhal"ことUbuntu 11.04に搭載予定のアプリケーションをめぐる,ちょっと首を傾げたくなる話題だ。

Ubuntu 11.04では,デフォルトの音楽プレーヤーに新しくオープンソースの「Banshee」を採用することを決めている。BansheeはAmazonミュージックストアをデフォルトサポートしており,ユーザがAmazon MP3経由で曲を購入した場合,その収益(年間1万ドル程度)はGNOME Foundationに振り込まれることになっている。だが,Ubuntuの最大スポンサーであるCanonicalがこれに異を唱えた。Bansheeのメーリングリストにおいて,「Ubuntuにおいては,BansheeのAmazonサービスはデフォルトから外す必要がある。もしAmazonのままであることを望むなら,Canonicalが収益の75%を受け取る」と宣言したのだ。

GNOME側は当然ながら収益配分の変更には応じず,これによりUbuntu 11.04ではBansheeのデフォルトミュージックストアはUbuntu Oneになるだろうと見られている。もちろん,ユーザはマニュアルでAmazonに変更することはできるが,どう考えてもAmazonのほうがユーザ数が多いのに,なぜわざわざ手間をかけさせることをCanonicalは強いるのか,という不満の声が出始めている。

さらに不信を増幅させるような話題も同時に上がっている。Ubuntu 11.04ではFirefoxの検索ボックスでAmazonを指定すると,AmazonのアフィリエイトIDをCanonicalのものに書き換えるようになっているという。もちろん違法ではないが,もし同じコトをMicrosoftがIEで,AppleがSafariでやったとしたら,世間はどれほどの批判を彼らに向けるだろうか。

参考:~mozillateam/firefox/firefox-4.0.head : /debian/patches/ubuntu-codes-amazon.patch (revision 793)

世界で最も人気のあるディストロとはいえ,UbuntuはこれまでほとんどCanonicalとMark Shuttleworth氏のスポンサードの下で運営されてきた。そしてCanonicalは創業以来,経営的には苦しい状況が続いている。Sun Microsystemsを例に引くまでもなく,オープンソースをビジネスの主体にするというのは本当に難しいことなのだ。Canonicalが少しでも儲かる方向を向こうとすることは,今の時代,当然といえば当然であり,それを咎めるLinuxユーザはいないはずだ。

だが,今回のケースが多くのユーザをがっかりさせたのは「取れるところから取ろう」とでもいうような,ひどく"セコい"感じが伝わってくるからだろう。非営利団体から年間1万ドル程度をかすめ取るような真似を,誰もCanonicalにはしてほしくないのだ。OSSとビジネスの両立の可能性を,多くのユーザが本気で考える時期に来ているのかもしれない。

著者プロフィール

階戸明(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入