Linux Daily Topics

2011年3月16日 “夢の高速パッチ”が取り込まれたLinuxカーネル2.6.38が登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvalds氏は3月14日(米国時間)⁠Linuxカーネル2.6.38のリリースを発表した。最大の注目ポイントは,Linus氏も賞賛した約200行の"夢の高速パッチ"による大幅なパフォーマンス向上。その他,仮想ファイルシステム(VFS)のスケーラビリティ向上,btrfsのサポート強化,サイズの大きいページを透過的に扱えるTransparent Huge Pages(THP)など,パフォーマンス向上を中心とする多くの機能強化が図られている。

今回取り込まれた高速パッチはスケジューラに関するもの。同じセッションIDをもつ複数のプロセスを1つのスケジューリングエンティティとみなし,プロセスのグループ化を自動で行う。たとえばCPUリソースを必要とする6つのプロセスがあり,最初の4つが同じセッションIDをもつとする。プロセスグルーピングを自動化しない場合は,これまで通り,6つのプロセス(エンティティ)にそれぞれCPUリソースが順番に割り当てられることになるが,自動化することでプロセス1~プロセス4が1つのエンティティとみなされ,割り当ての対象エンティティが6から3に減り,高速化を図ることができる。

その他の主な新機能は以下の通り。

  • VFSのスケーラビリティ向上(マルチスレッドだけでなくシングルスレッドのワークロードも大幅に高速化)
  • btrfsにLZO圧縮機能およびリードオンリーのスナップショット機能を追加
  • 4KBから2MBまでのサイズのページに透過的にアクセスできるTransparent Huge Pages
  • XPS(transmit packet steering)の実装
  • モバイルデバイスのアドホックネットワークを向上する"B.A.T.M.A.N."メッシュプロトコルの採用

なおLinus氏は自分の"お気に入り"としてRCUベースのパス名探索機能を挙げている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入