Linux Daily Topics

2011年4月5日 Fedora 15のGNOME 3は慣れるまでに時間がかかるかも─Fedoraアンバサダー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

まもなく正式リリースを迎えるUbuntu 11.04とともに,多くのLinuxユーザがその登場を楽しみにしているディストリビューションがFedora 15だ。

Fedora 15の最大の注目ポイントはやはりUIにGNOME 3を採用しているところだろう。現在のところ5月24日のリリースが予定されているが,ベータ版が出るまでにはあと数週間かかると見られている。そこで一足早くプレベータ版のFedora 15を使った感想を,FedoraアンバサダーのひとりであるKage Senshi氏が自身のブログで報告している。

Fedora 15 & GNOME3, initial impression
URL:http://blog.kagesenshi.org/2011/03/fedora-15-gnome3-initial-impression.html

起動に関しては「普通に速い」とのこと。14と比べて若干高速化されているようだが,驚くほど速くなっているわけではないという。

GNOME 3環境でログインすると「フォントの大きさに驚いた」という。これはアクセシビリティを考慮した設計になっているためとかで,もちろんカスタマイズ可能だ(UIのカスタマイズはGNOME Tweak Toolで行える)⁠また,新しいGTK3アプリケーションのスクロールバーもとても大きく感じられるそうで,GTK2アプリのほうが見た目がよい印象を受けるとしている。

大きさといえば,GNOME 3では最大化ボタンおよび最小化ボタンがなくなっている。Senshi氏はこの機能はいままで多用していなかったが,⁠なくなってみるとやっぱり少し違和感がある」という。どうしてもしっくりこない場合はこれもTweak Toolで以前のUIに戻すことができるようだ。

そのほかにもGNOME 3にはGNOME 2にはなかった機能がいくつもある。中でもSenshi氏が挙げているのが,GNOME 3はアプリケーションランチャー機能を含んでいるので,GNOME Doが必要なくなったことだ。アプリケーションの起動や切り替えにGNOME Doを使用していたユーザは多いが,GNOME 3はオリジナルの機能としてこれをもっているので,ユーザがこれまでGNOME Doで割り当てていたキーは無効になる。なのでGNOME Doユーザの場合,キー操作に慣れるまでにやや時間がかかるかもしれないという。

またウインドウマネジメントについても改良が図られており,アクティブ画面と非アクティブ画面の切り替えがスムースに行うことができるようになっている(Senshi氏は⁠もう少し切り替え画面がわかりやすく表示されるといいのに⁠とやや苦言を呈している)が,タスクバーを使って画面の切り替えを行っていたようなユーザには,やはり慣れるまでに時間が必要かもしれないとのこと。

Senshi氏はGNOME 2からGNOME 3への変更は⁠radical(急進的)⁠と表現しており,どうしてもGNOME 2のほうがイイ!というユーザはXfceのほうがよいのでは,としている。Senshi氏は,Fedora 15は非常に安定しており,若干修正すべき点は残っているものの,GNOME 3も良い出来だとしている。長い時間をかけてようやく陽の目を見ることになったGNOME 3,安定した環境で試すならやはりFedora 15が最適のようである。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入