Linux Daily Topics

2011年5月17日 CentOS 6.0は本当にリリースされるのか?─メイン開発者の離脱が意味するメッセージ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Red Hat Enterprise LinuxのクローンOSとして,ホスティング事業者やクラウドサービス事業者の間で高い人気を誇るCentOSだが,どうも最近,様子がおかしい。昨年11月にRed HatがリリースしたRHEL 6.0を受け,本来ならとっくにCentOS 6.0がリリースされていなければならないのに,一向にその気配がない。そんな中,CentOSの主力開発者であるDag Wieers氏がプロジェクトからの離脱を表明した。いったいCentOSはどうなってしまうのだろうか。

Dag Wieers氏は5月5日付の自身のブログで,「コアチームのメンバーたちは,提題として上がっている問題(CentOS 6.0のことか?)を無視し,巧妙なごまかしで話題をそらし,個人攻撃を行って議論をあいまいにしている」と強いトーンで開発メンバーを批判,CentOS 5.6のリリース(4月)まではなんとか頑張ってきたが,もう開発にかかわる意味がないとして,「So I am out.(だから出て行くよ)」と三行半に近い形でCentOSに別れを告げている。

Wieers氏はなぜここまでCentOSに失望してしまったのか。ブログに寄せられたコメントへの返答を見ると,どうもWieers氏はCentOS開発メンバーが「エンタープライズLinuxプロダクトにかかわっているという自覚が足りない」ことに,自身との温度差を感じていたようだ。

RHEL 6.0がリリースされてからすでに半年以上が経過しているにもかかわらず,CentOSからユーザに対して何のアナウンスもない。遅れているという言い訳すらない。エンタープライズで使われるソリューションが提供側から半年以上もアナウンスがないなんて,プロプライエタリな製品であれば考えられないことだ。

またオープンソースプロジェクトでありながら,CentOSの開発メンバーが非常に閉鎖的であることもWieers氏は非難している。たしかにCentOS 6.0の進捗状況が聞こえてこないだけでなく,CentOS 5.6に関しても,その発表はユーザにとって突然の感があった。オープンソースコミュニティとしても,エンタープライズクラスのプロジェクトとしても,どちらも中途半端になってしまっていることに,Wieers氏は忸怩たる思いを抱いていたのだろう。

ではCentOS 6.0のリリースがいつになるかわからない以上,RHELクローンをOSSで入手するのは難しいのかというと,そうでもないらしい。Wieers氏はScientific Linuxがおすすめ。あそこはもう6.0ベースのバージョンをリリースしているし,なによりコミュニティがオープンだから」とScientific Linuxへの乗り換えを推奨している。Scientific Linuxは米フェルミ国立加速器研究所が開発したRHELクローン。世界中の大学や研究機関で多く使われてきたが,最近になってCentOSのオルタナティブとして注目を集めつつある。

はたしてCentOSはこのままWhite Boxのように忘れられた存在へとなってしまうのだろうか。少なくともRHEL 6.1が出る前に,CentOS 6.0に関して何らかのアナウンスを行ってほしいものである。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入