Linux Daily Topics

2011年8月31日 どうなるScientific Linux!? チーフアーキテクトがRed Hat移籍

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のクローンといえば,これまでCentOSが強い人気を誇っていた。とくにホスティング事業者やデータセンター事業者にとって,サブスクリプション料金のいらないCentOSは,激しい価格競争を勝ち抜くための重要なプラットフォームであった。

だが本稿で何度かお伝えしてきたとおり,ここにきてCentOSの開発は大幅な遅れが目立つようになった。とくにCentOS 6.0は本家のRHEL 6.0がリリースされてから8ヵ月以上も遅れての公開となり,多くのユーザをいらつかせたことは記憶に新しい。

CentOSの評判が下り坂になってきたところで,オルタナティブな存在のRHELクローンとして注目され始めたのが米フェルミ研究所と欧CERNが開発するScientific Linuxだ。6.0の開発でもたついていたCentOSを尻目に,3月にScientific Linux 6.0を,そして7月末にはアップデートバージョンであるScientific Linux 6.1を,ほぼスケジュール通りに公開している。ちなみにCentOS 6.1についてのアナウンスは今のところ聞こえてこない。

このように非常に順調に開発を続け,ユーザ層も拡大しつつあるScientific Linuxだが,先日,プロジェクトの命運を左右しかねないニュースが入ってきた。開発チームの中心人物であるTroy Dawson氏が9月2日をもってフェルミ研究所を離れ,なんとRed Hatに移籍することになったのである。当然,Scientific Linuxの開発からも離れることになる。

Farewell from Troy-Troy Dawson
URL:http://listserv.fnal.gov/scripts/wa.exe?A2=ind1108&L=scientific-linux-users&T=0&P=30820

Dawson氏は,Scientific Linuxのリードデベロッパ/チーフアーキテクトとして8年もの間プロジェクトを統括してきた。CentOSの開発体制に遅れが生じた要因として,Red Hatがクローン対策を強化していることが挙げられるが,にもかかわらずScientific Linuxが順調な開発を続けてこれたのは,Dawson氏の力に拠るところが大きい。その要の人物をよりによってRed Hatに引き抜かれてしまったのだから,今後のプロジェクト運営にも大きな支障が出ることが予想される。

Dawson氏の後に誰がチーフアーキテクトを務めるかはまだ決まっておらず,今後のプロジェクトの行く末が気になるところだ。

著者プロフィール

階戸明(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

  • ありがとうございます

    貴重なフォロー情報をいただきありがとうございます。

    Riehecky氏加入のMLのメッセージはこちらですね。
    http://www.mail-archive.com/scientific-linux-users@listserv.fnal.gov/msg09329.html

    Linuxの主要なディストリビューションの動向は今後もできる限りさまざまな形で追って行きたいと考えています。

    Commented : #4  gihyo.jp編集部 (2011/09/13, 15:18)

  • Sieh氏がTroy Dawsonの後任をアナウンス

    Patrick Riehecky氏がSL開発メンバーに加わり、Dawson氏の仕事を引き継ぐということです。

    Commented : #3  torakitty (2011/09/10, 01:47)

  • SLの主要開発者Connie Siehからのメッセージ

    Troy Dawson氏の移籍によりSL運営に関して様々な憶測がなされる中、SLの主要開発者であるConnie Siehがメッセージを寄せています。

    http://listserv.fnal.gov/scripts/wa.exe?A2=ind1108&L=scientific-linux-users&T=0&P=33214

    つまり「何も騒ぐようなことはない」ということでしょう。

    Commented : #2  torakitty (2011/09/03, 04:32)

  • CentOS 6.1 の状況

    CentOS 6.1 に関しては現在 QA テストへ送り始めたところ。

    http://qaweb.dev.centos.org/qa/node/112

    QA 向けの第一弾は、16 個のパッケージに問題があった模様。

    Commented : #1  JULY (2011/09/02, 09:36)

コメントの記入