Linux Daily Topics

2011年9月15日 狙われるLinux… 今度はLinux Foundationが標的に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Kernel.orgへの攻撃が発覚してから数週間も経たないが,今度はLinux.comやLinuxFoundation.orgを含むThe Linux Foundationのインフラ全体へのクラッキングが明らかになり,関係者のみならず全世界のLinuxユーザに衝撃が拡がっている。9/15現在, LinuxFoundation.orgなどのページは以下のようになっており,あらゆるサービスの利用や情報の閲覧ができない状態にある。Linux FoundationはKernel.orgとLinuxFoundation.orgへのそれぞれの攻撃は「関連性がある可能性が強い」と見ている。

9/15朝(日本時間)現在,LinuxFoundation.orgにアクセスすると,メンテナンス中のメッセージが表示される

9/15朝現在,LinuxFoundation.orgにアクセスすると,メンテナンス中のメッセージが表示される

現在,Linux Foundationは攻撃の詳細の調査と,サイト全体のセキュリティ対策の見直しを行っている。イベント情報の告知やオンラインセミナーなどの重要な情報/サービスに関しては「近日中に再開する」としているが,再開の日程は明示されていない。

Linux Foundationが攻撃を把握したのは9月8日。攻撃者は総当たり攻撃(ブルートフォース)でパスワードを解読して侵入したと推測されている。Linux Foundationは現在,ユーザに対してパスワードおよびSSHキーの見直しを呼びかけている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入