Linux Daily Topics

2011年11月24日 Linux&Linusにモノ申す!? あのTanenbaum教授が久々にメディアに登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

いまの若い読者ならその名前を知らない人も多いかもしれないが,現在,アムステルダム自由大学で教鞭を取っているAndrew Tanenbaum(アンドリュー・タネンバウム)教授といえばUNIXクローンOSのMINIXの開発者であり,分散コンピュータやオペレーティングシステムに関する著作/論文をいくつも発表している世界でも指折りのコンピューティングの大家である。かのLinus TorvaldsはMINIXとTanenbaum教授の『Operating Systems: Design and Implementation』に大きな刺激を受けてLinuxを開発したというエピソードもよく知られている。

そんなTanebaum教授がフランスのWebメディア『LinuxFr.org』のインタビューに登場,MINIX開発の現在やLinuxに対する見解を語っており,Linux界隈でちょっとした話題になっている。以下,簡単にそこで語られている内容の一部を簡単に挙げておく。

  • 教授自身は現在あまりMINIXのコードを書いていない。かわりに3人のフルタイム開発者が教授の下でコーディングをしている。
  • MINIXは"伽藍とバザール"モデルを否定しているわけではない。アムステルダム自由大学以外にも開発者の窓口はオープンにしている。が,品質を保つため,誰も彼もが作ったパッチを採用するといったことはしない。
  • MINIXの次のバージョン(MINIX 3.2)では3つのことに注力している: NetBSDとの互換性,組込みシステムへの対応強化,そして信頼性(可用性)の向上だ。
  • WindowsやLinuxでは,真の意味で24時間365日止まらないシステムを構築するのは無理。MINIXではリブートなし,他のプロセスに影響を与えることなしでライブアップデートすることを目指している。
  • 世の中に存在する32ビットコンピュータのうち,95%以上が組込みシステム。MINIXはそのモジュラリティや信頼性,メモリフットプリントの小ささなどから組込みシステムとの親和性が高い。さらにBSDライセンスなので企業からのウケがいい。GPLだからLinuxを採用しないという企業にとってのリプレース的存在。
  • MINIXのマルチコア対応は大きな課題。ファイルシステムやネットワークスタックをコア単位で分割していかに信頼性を高めていくかに注力している。
  • ユーザランドのユーティリティをNetBSDから移植したのは,NetBSDが非常に成熟したOSだから。Linuxはその域に達していないし,コードがしょっちゅう変わりすぎる。NetBSDのパッケージ数は8,000くらいだが,これくらいがちょうどいい。
  • もしMINIXがGPLライセンスだったらLinuxより先に支配的な存在になっていたと思うかだって? 絶対にそんなことは思わない。MINIXに関して失敗したことあるとしたら,それは1992年のAT&Tから起こされた訴訟問題が想像以上に長引き,BSDが落ち目になってしまったこと。Linuxはそのあとに登場し,勢いを得た。もしAT&Tが訴訟を起こさなかったらいまのLinuxの隆盛はない。
  • Linus Torvaldsが以前マイクロカーネルについて「紙の上のアイデアとしては優れていると思うけど,現実世界ではうまくいかない。マイクロカーネルはモジュールを独立させ,インタラクションをより複雑かつインダイレクトなものにしてしまう」と述べたが,これに関してはまったく同意しない。Linusは自分がよく知らないことについて発言しているとしか思えない。Linuxで同じことをやろうとしてもスパゲティ化して無理かもしれないが,MINIXはモジュール設計がすぐれているので,個別のアドレス空間でも問題なく動作する。
  • だいたいLinuxが"成功した"というのはいかがなものか。成功とは相対的な概念でしかない。Linuxのユーザなんて全体の5%程度,一方でBSD由来のMac OSのシェアは30%だ。5%で成功というのはおかしな感じだ。
  • モバイルへの移植については,1月からARMへのポーティングをはじめる。
  • 組込みのシェアではLinuxが支配的なのではという意見もあるが,そうは思わない。組込みの30%がOSをなにももたないシステムで,そのほかの30%が独自OS,残りをLinuxやVxWorksやNetBSDが争っていて,ビッグプレーヤーはいない状態。それにGoogle/Androidなど,GPLが嫌なのとコードをシンプル化したいということで,ユーザランドをLinuxからBSDに移す作業をやっているところは多い。つまり,MINIXは時代の先を行っているということ。
  • MINIXと並ぶマイクロカーネルOS「L4」はスマートフォンなどで採用が進んでおり,マイクロカーネルの普及にとってはけっこうなことだ。MINIXとの違いはユーザランドにLinuxを使っていること。
  • マイクロカーネルが世界を獲ってほしいと思っているかと聞かれたら,そりゃそうなってほしいとは思っているけど,この件に関しては控えめでいることにしている。GoogleやMicrosoftはユーザスペースにものすごく投資しているから,その流れで行けばマイクロカーネルは有利なのでは。もっとも時代をあんまり先に行き過ぎるのはよくない。SunがJavaをリリースするずっと前の1978年にいまのJava VMに近いことを書いた論文を出したけど,何も得ることはできなかった。こういうことは人生ではよくある。

1992年にTanenbaum教授とLinusがマイクロカーネルで議論を闘わせた事件は有名だが,二人は別に仲違いしているわけではなく,互いに深く尊敬していることを表明している。だが,やはりマイクロカーネルとBSDライセンスの話となると,教授は黙ってられないようだ。スマートフォンやタブレットの普及で,組込みシステムへの関心が一段と高まる中,あらためてMINIXの動きにも目が話せなくなりそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入