Linux Daily Topics

2011年12月6日 Linusも認めた!? GNOME 3の新しいエクステは「なかなかイイね!」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

紆余曲折あったものの,今年4月の登場以来,GNOME 3は確実にLinuxデスクトップ環境の標準となりつつある。そんな中,Linuxユーザに絶大な人気&影響力を誇るLinus Torvalds氏がついに「GNOME 3を認めた!?」と思われる発言をし,ちょっとした話題となっている。

本コラムでも以前お伝えしたことがあるが,Linus氏はGNOME 3には否定的で,GNOME 2のフォークが登場することを強く望んでいたとされる。GNOME 2が使いやすいという理由で,ディストリビューションにはLinux Mintを使っているという信ぴょう性の高いウワサも出た。

ところが12月1日にGNOMEプロジェクトが発表したGNOME Extensionsに対し,Linusは自身のGoogle+で「gnome-tweak-toolとdockエクステンションに触ってみたんだけど,GNOME 3.2,なかなか使いやすくなってきてるんじゃない?(Hey, with gnome-tweak-tool and the dock extension, gnome-3.2 is starting to look almost usable.)⁠発言している

Linusは「できればこのスタイルがGNOMEのデフォルトになってほしいんだけど…」と続けているが,GNOME 3を完全否定していたときと比べるとずいぶん軟化しているのはたしか。GNOME 3開発サイドにとってもうれしいニュースであることには違いない。UnityでUbuntuがもたついている間に,一気にデスクトップのシェア拡大にはずみがつきそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入